早 川 雅 大 
Masahiro HAYAKAWA

ORCID ID

経歴 | Biography

1994年生まれ,愛知県出身

2013年3月 愛知県立半田高等学校 卒業
2017年3月 名古屋大学理学部化学科 卒業
2019年3月 名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻 (化学系) 博士前期課程 修了
     (指導教員:山口茂弘 教授)
2019年4月–現在 名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻化学系 博士後期課程

2019年4月–現在 日本学術振興会 特別研究員 (DC1)
2019年7月–2021年6月 京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻 特別研究学生
2021年6月–現在 学術変革領域研究(A)「高密度共役の科学」ジュニアフェロー
2021年7月–現在 京都大学高等研究院物質−細胞統合システム拠点 特任研究員

Born in 1994 in Aichi, Japan

Apr. 2013–Mar. 2017 | B. Sci. Department of Chemistry, School of Science, Nagoya University
Apr. 2017–Mar. 2019 | M.Sci. Department of Chemistry, Graduate School of Science, Nagoya University (Supervisor: Professor Shigehiro Yamaguchi)
Apr. 2019–present | Ph.D. Course Student, Department of Chemistry, Graduate School of Science, Nagoya University
Jul. 2019–Jun. 2021 | Visiting Student, Department of Energy and Hydrocarbon Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University (Supervisor: Professor Aiko Fukazawa)

Apr. 2019–present | JSPS fellow for Young Scientists (DC1)
Jun. 2021–present | Junior Fellow, the Grant-in-Aid for Transformative Research Area (A) “Condensed Conjugation”
Jul. 2021–present | Designated Research Associate, Institute for Integrated Cell-Material Sciences (iCeMS), Institute for Advanced Study, Kyoto University

論文リスト | List of Publications

Dithieno[a,e]pentalenes: Highly Antiaromatic Yet Stable π-Electron Systems without Bulky Substituents
J. Usuba, M. Hayakawa, S. Yamaguchi, A. Fukazawa
Chem. Eur. J. 2021, 27, 1638–1647.
DOI: 10.1002/chem.202004244
Selected as a Hot Paper
Highlighted in a Front Cover & Cover Profile

End-Capping π-Conjugated Systems with Medium-Sized Sulfur-Containing Rings: A Route Towards Solution-Processable Air-Stable Semiconductors
A. Fukazawa, Y. Toda, M. Hayakawa, A. Sekioka, H. Ishii, T. Okamoto, J. Takeya, Y. Hijikata, S. Yamaguchi
Chem. Eur. J. 2018, 24, 11503–11510.
DOI: 10.1002/chem.201802656
Highlighted in SYNFACTS

発表リスト | List of Presentations

国際会議 | International Conferences

  1. “End-Capping of π-Conjugated Skeletons with Medium-Sized Sulfur-Containing Rings”
    Masahiro Hayakawa, Aiko Fukazawa, Yusuke Toda, Anna Sekioka, Hiroyuki Ishii, Toshihiro Okamoto, Jun Takeya, Yuh Hijikata, Shigehiro Yamaguchi
    28th International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS-28), August 26-31, 2018, Tokyo Institute of Technology, Tokyo
    [Poster Presentation]
  2. “Tuning of molecular alignment and electronic structure of π-electron systems by sulfur-containing medium-ring fused thiophene”
    Masahiro Hayakawa, Aiko Fukazawa, Yusuke Toda, Shigehiro Yamaguchi
    JSPS Core-to-Core Program Core-to-Core Joint Symposium, February 2018, Münster, Germany
  3. “Control of molecular alignment of π-electron systems by sulfur-containing medium ring-fused thiophene”
    Masahiro Hayakawa, Aiko Fukazawa, Shigehiro Yamaguchi
    ITbM/IGER Chemistry Workshop 2017, Nagoya University, November 2017, Nagoya University

国内集会 | Domestic Conferences

  1. 「ベンゼン縮環ペンタフルバレンオリゴマー」
    早川雅大,砂山尚之,松尾優,深澤愛子
    学術変革領域研究 (A)「高密度共役の科学」2021年第1回高密度共役若手会,2021年7月2日,オンライン
    [ポスター発表] ポスター賞受賞
  2. 「ベンゼン縮環ペンタフルバレンを連結したπ共役オリゴマーの合成と物性」
    砂山尚之,田巻明日佳,早川雅大,山口茂弘,深澤愛子
    日本化学会第101春季年会 A17-1am-04,2021年3月19日(オンライン開催)
    [口頭A講演]
  3. 「硫黄を含む中員環で片側末端をエンドキャップした液晶性π共役系の物性」
    早川雅大,山口茂弘,深澤愛子
    日本化学会第100春季年会講演要旨集 2C3-28,2020年3月5日
    [口頭A講演]
  4. 「硫黄を含む中員環の不斉酸化を利用したπ電子系の構造修飾」
    早川雅大,深澤愛子,山口茂弘
    第30回基礎有機化学討論会,2019年9月25–27日,大阪国際交流センター
    [ポスター発表]
  5. 「硫黄を含む中員環でエンドキャップしたπ共役系の合成とその物性」
    早川雅大,深澤愛子,戸田雄佑,関岡杏奈,石井宏幸,岡本敏弘,竹谷純一,土方優,山口茂弘
    第49回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,2018年11月3-4日,名古屋大学東山キャンパス
    [ポスター発表]
  6. 「硫黄を含む中員環でエンドキャップしたフェニレン-チエニレンオリゴマーの合成と光物性」
    早川雅大,深澤愛子,山口茂弘
    日本化学会第98春季年会,3F2-30,日本大学,2018年3月.
    [口頭A講演]
  7. 「硫黄を含む中員環縮環チオフェンによるπ電子系の分子配向制御」
    早川雅大,深澤愛子,戸田雄佑,山口茂弘
    統合物質機構創製化学研究推進機構第3回国内シンポジウム,2017年10月,京都大学.
    [ポスター発表]
  8. 「硫黄を含む中員環が縮環したチオフェンによるπ電子系の分子配向制御」
    早川雅大,深澤愛子,戸田雄佑,山口茂弘
    第28回基礎有機化学討論会,九州大学,2017年9月.
    [ポスター発表]